ここから本文です

リトグリ、映画『ジャングル・ブック』キャンペーンソングに。ディズニーの名曲をカバー

BARKS 7月14日(木)7時12分配信

8月11日に日本公開となるディズニーの新作映画『ジャングル・ブック』のキャンペーンソングを、Little Glee Monsterが担当することが決定した。

映画『ジャングル・ブック』は、ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリが主人公となる物語の映画化作品。 1967年にはウォルト・ディズニーの遺作という形でアニメーション映画が公開され、今回の2016年版は3度目の映画化になった。主人公のモーグリ以外は、壮大なジャングルや表情豊かな動物たちをすべてCGで表現。アメリカで封切公開されて以降は全世界興収10億ドル(約1000億円)に迫るヒットを記録中だ。

今回リトグリがキャンペーンソングとして歌いあげるのは、本作はもちろん、かつてのアニメーション版『ジャングル・ブック』でも、キング・ルーイが歌う「君のようになりたい」。数々のディズニー作品の音楽で知られるオスカー受賞者シャーマン兄弟が作詞作曲を行ない、50年もの間世界中から愛され、たくさんのアーティストがカバーしてきた楽曲でもある。

現代版にアレンジしたリトグリによる「君のようになりたい」は、本作のTVスポットの映像にも使用される。ディズニーの名曲を歌う上でメンバーの芹奈は、オファーを受け、嬉しい反面、緊張したと明かすが「モーグリに語りかけるようにレコーディングしました」と収録を振り返った。

manakaも「映画を観て、気持ちが楽しくなりました。深いメッセージもあったので、「楽しい気持ちを忘れずに、でも芯はブレずに伝えたいね。そして、“君になりたい”というメッセージをしっかり歌おう」と6人で心掛けました」と劇中では、「君のようになりたい」は人間のような支配力を欲する巨大類人猿キング・ルーイが歌うことからも、しっかりとその気持ちを歌に込めたことを明かす。

さらにMAYUは「この曲は楽しんで歌うのが、一番です。1人でももちろん楽しいですが、お友達とかと大勢で歌ってもらえたら楽しいと思います」と、続けてアサヒが「笑顔で歌うと楽しいので、みんな笑顔で歌ったら楽しいと思います」と楽曲の楽しさをアピール。作品については、麻珠は「自然と涙が出てくるシーンがたくさんあって、自分に自信が無かったり、不安や悩みを抱えている方が作品を観たら、自分はどう生きれば良いのか、改めて考えさせられる作品だと思いました」と、かれんは「何回も観たくなる映画だなと思いました」と感想を語った。

映画『ジャングル・ブック』
原題:The Jungle Book
全米公開:2016年4月15日(金)
監督:ジョン・ファヴロー 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
c2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..
2016年 8月11日(木・祝)全国ロードショー
<STORY>
ジャングルに取り残された赤ん坊のモーグリは、黒ヒョウのバギーラによって母オオカミのラクシャに預けられ、ジャングルの子となった。
バギーラからは自然の厳しさと生き抜くための知恵を教わり、ラクシャからは惜しみない愛を注がれ、幸せな生活を送るモーグリの前にある日、
人間への復讐心に燃える恐ろしいトラのシア・カーンが現れる…。果たしてシア・カーンの言うように、人間であるモーグリはジャングルの“脅威”なのか?
それとも、ジャングルに光をもたらす“希望”なのか? いまを生きるすべての人々に捧げる奇跡のエンターテイメント。

Little Glee Monster ニューシングル「タイトル未定」
2016年8月17日(水) 発売
初回生産限定盤A(SRCL-9154~9155) 1,700円(税込)
初回生産限定盤B(SRCL-9156~9157) 1,700円(税込)
通常盤(SRCL-9158) \1,300(税込)

初回生産限定盤A・BはDVD内容が異なります。
AにはMusic Video、Bはライブ映像の予定

最終更新:7月14日(木)7時12分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。