ここから本文です

ガンズ・アンド・ローゼズ、「イジーはどこ?」は禁句?

BARKS 7月16日(土)21時33分配信

スラッシュとダフ・マッケイガンが復帰したガンズ・アンド・ローゼズのツアーにスティーヴン・アドラーがゲスト出演したことで、残る唯一のオリジナル・メンバーとなったイジー・ストラドリンの参加も熱望されているが、いま彼らの前でその名を出すのは止めた方がいいようだ。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

オーディエンスの1人が「イジーはどこ?」と記したサインボードを掲げたところ、スタッフから没収されたという。

週末(7月9日)、アドラーが出演したナッシュビル公演を観に行ったCaroline Camposさんはそのときの出来事をFacebookでこう報告している。「オリジナル・ドラマーの#stevenadlerがステージに登場したとき、この紙(「イジーはどこ?」)を掲げたの。アクセルはこれを見て笑い出し、“それはいい質問だ!”って言ったのよ。彼は、私のボードを気に入ったように見えた」

Camposさんはパフォーマンス中、ボードを掲げ続けるようなことはしなかった(=ほかのオーディエンスの視界を遮ることはなかった)という。しかし、「10分か15分したころ、#GnFnRがNovember Rainをプレイしているとき、私の周りに警備員とステージ・クルーが押し寄せてきて、“サインボードを持っているのは誰だ?”“イジーはどこだってボードを持つのは誰だ?”って尋ね始めた」そうだ。

彼らはCamposさんの座席の下にそれを見つけると「私の肩を叩き、“これは君のか? こちらに引き渡してもらわねばならない”って言ってきた」という。Camposさんが「なぜ?」と問い詰めると、「その男性は“僕はバンドと一緒にいる者だ。彼らからそのボードを取り除くよう頼まれた”って答えた」「彼はそれを持ち去り、ビリビリに裂いた」そうだ。

ガンズ・アンド・ローゼズのスポークスマンは、その後、「バンドはそのようなことを頼んでいません。イジーはファミリーです」とのコメントを出している。

アドラーは7月6日(シンシナティ)、9日(ナッシュビル)の2公演に続けてゲスト出演。12日開かれたピッツバーグ公演には参加しなかった。

Ako Suzuki

最終更新:7月16日(土)21時33分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。