ここから本文です

minus(-)、唯一の赤坂BLITZ公演はトリプルドラム

BARKS 7月14日(木)12時7分配信

メンバーの森岡賢が急逝して1ヵ月半。予定していた1stフルアルバムのリリースは12月に延期、全国ツアーも地方はすべて中止となったminus(-)だが、唯一開催される赤坂BLITZのチケット発売が再開する。これに伴ってライヴのスタイルも明らかになった。

◆minus(-) 画像

<minus(-) LIVE 2016 summer“Voltaire”>と題されたライヴは藤井麻輝に加え、3名のサポートドラマーが参加する。

通常のライヴでもサポートとして参加していたYuumi(FliP)と山口美代子(DETROIT SEVEN/BimBamBoom)に加え、ソフトバレエのサポートでも知られる平井直樹の3人がトリプルドラムのステージを展開する予定だ。

チケット発売再開は7月16日(土)10時から、各プレイガイドにて。

■<minus(-) LIVE 2016 summer“Voltaire”>
8月13日(土)赤坂BLITZ
OPEN:17:15 START:18:00
▼チケット
1階立ち見(ドリンク代別)前売¥5,500(税込) 当日¥6,000(税込)
2階指定(ドリンク代別)前売¥6,000(税込) 当日¥6,500(税込)
※2階指定席の販売が決定となりました。枚数には限りがございます。上限に達し次第、販売は終了となりますのでご了承ください。
発売開始:7月16日(土)午前10:00~ 各プレイガイドにて

■<J 2016 LIVE「10 days of GLORY -10 Counts for Destruction-」>
11月19日(土)LIQUIDROOM
OPEN:18:00 START:19:00
出演 J/SPECIAL GUEST minus(-)
▼チケット
¥5,300(スタンディング/ドリンク代別)
発売開始:7月30日午前10:00~ 各プレイガイドにて

最終更新:7月14日(木)12時7分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。