ここから本文です

伊藤政則のロックTV!「リッチー・ブラックモア・ハードロック復活特番」放送決定

BARKS 7月16日(土)21時35分配信

BSフジ「伊藤政則のロックTV!」にて、7月16日(土)25時30分から60分拡大特番として「リッチー・ブラックモア・ハードロック復活特番」が放送される。6月にドイツで行われたリッチー・ブラックモア復活公演を独自に撮影したライヴ映像が4曲放送される予定だ。

◆伊藤政則のロックTV! リッチー・ブラックモア特番オフィシャルページ

伊藤政則のロックTV!取材班にレインボー側から連絡が入り、ライヴ会場ではなく、3日前にフランクフルト空港近くのホテルに来るように指示があったそうだ。その現地のリゾートホテルでは、ヴォーカルのロニー・ロメロとキーボードのイエンス・ヨハンソンのインタビューが行われた。レインボーはその近くでリハーサルを行っていた模様だ。

翌日ライヴ会場のローレライに移動したが、大雨でライン川は氾濫寸前で中州も消える状態だったそうだ。そのライン下り起点のホテルが数多く並ぶ岩山の上の野外劇場がリッチー・ブラックモア復活公演の舞台となった。おおよそ日比谷野音の2倍くらいの大きさであろうか。リハーサルが開始されると往年の名曲がまわりに聞こえてきたという。バックステージは異様な緊張感に包まれており、6月16日(木)21時半頃には「威風堂々」が流れ、歴史的瞬間の到来に会場の緊張感は頂点に達していた。

「オーヴァー・ザ・レインボー」に続いてのオープニングは「ハイウエイスター」。リッチー・ブラックモアの圧倒的な存在感とロニー・ロメロのヴォーカル力に観客は驚愕することとなる。

今回はほぼプレスの対応がなかったため、報道自体されていない。今回の取材は世界中で「伊藤政則のロックTV!」のみという条件付きでOKとなった取材なのだ。翌日のシュッツトガルト近郊ビッテッィンゲンでもでき得る限りの取材が敢行され、サポートのスコット・ゴーハム(シン・リジィ)は「俺の40年来の友人マサ伊藤の番組か?」と自らインタビュアーに応じている。

日本の全ロックファンの悲願である来日公演を何としても実現してもらいたいところだ。

BSフジ「伊藤政則のロックTV! リッチー・ブラックモア・ハードロック復活60分拡大特番」
7月16日土曜日25時30分
※BS視聴環境があれば日本全国無料で視聴可
※番組内ではこの歴史的イベントのTシャツプレゼントも行われる

最終更新:7月16日(土)21時35分

BARKS