ここから本文です

チャットモンチー、専門学校CMソングで話題の新曲を配信リリース

BARKS 7月14日(木)22時57分配信

チャットモンチーの新曲「majority blues」が2016年4月より、医療・福祉の専門学校 首都医校、大阪医専、名古屋医専TVCMソングとしてオンエアされている。同曲が7月20日より先行配信リリースされることが決定した。

◆「majority blues」使用CM 動画

「majority blues」は、アーティストになる夢を追いかけて地元徳島で葛藤した経験をもとに、橋本絵莉子が書き上げた楽曲だ。同時に、理想の実現を目指す全ての人たちへ向けた応援歌でもある。

夢を描いて時に迷い傷つき、それでも必死に前へと進んでいく勇気と青春時代の不安。それらを飾らない歌詞と強い意志溢れるボーカルで瑞々しくカタルシスたっぷりに表現した新曲は、各専門学校のオフィシャルYouTubeチャンネルにて、そのTVCM動画を観ることができる。

■新曲「majority blues」配信
7月20日より先行配信リリース
※各配信サイトにて

最終更新:7月14日(木)22時57分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。