ここから本文です

浅川梨奈、躍進、今度は映画出演

BARKS 7月14日(木)20時46分配信

SUPER☆GiRLSの浅川梨奈が、映画『14の夜』に出演することが発表された。映画出演は浅川梨奈にとって初の経験だ。

◆浅川梨奈画像

映画『14の夜』は、2014年12月公開の映画「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳が、監督デビューを果たすという話題の作品だ。

「オファーを頂いた時は『本当に私?』と耳を疑うほど驚きました。こうして携わらせていただける事を心から嬉しく思います。選んでいただいたからには、いい意味で皆様の期待を裏切れるよう、やるからにはやり切って全力で頑張りたいと思います!私自身初めての事がたくさんですが、キャストの皆様からいろいろな事を吸収させて頂きたいと思います。今から、撮影がとっても楽しみです!」──浅川梨奈

映画『14の夜』は、2016年12月都内某劇場ほか全国ロードショーにて公開予定だ。なお、7月20日(水)放送の日本テレビ「浜ちゃんが!」への出演も決まっている。(読売テレビ、7月14日(木)放送)

SUPER☆GiRLSは、6月末に5名の新メンバーが加入しグループ初の14人体制へとなり、8月31日には14枚目のシングル「ラブサマ!!!」が発売となる。

最終更新:7月14日(木)20時46分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。