ここから本文です

テリーザ・メイ氏、英首相に就任 「世界での新しい役割」を約束

AFPBB News 7月14日(木)6時27分配信

(c)AFPBB News

【7月14日 AFP】英保守党のテリーザ・メイ(Theresa May)党首(59)が13日、同国の新首相に就任した。今後、デービッド・キャメロン(David Cameron)前首相の後任として、同国の欧州連合(EU)離脱に向けた交渉を率いることになる。

 キャメロン氏は同日、エリザベス女王(Queen Elizabeth II)に辞表を提出。その数十分後、メイ氏がロンドン(London)のバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)で女王に短時間謁見し、首相就任の正式な承認を受けた。

 メイ新首相は首相官邸前で演説し、英国のEU離脱が承認された6月23日の国民投票を受けて「われわれは国家として大きな変化の時代に直面している」とした上で、「EUを離脱するにあたり、大胆かつ新しい、前向きな役割を世界でつくり上げていく」と宣言。さらに、「英連合王国内の国々のみならず、すべての市民が結束することの価値を信じている」と述べ、国内の結束と平等な社会の実現に向けた努力を約束した。(c)AFPBB News

最終更新:7月14日(木)17時14分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。