ここから本文です

デビュー10周年記念大会で中森華子が井上貴子とディスティニー・ハンマーの共演!

バトル・ニュース 7/14(木) 17:37配信

 10日、板橋にて『中森華子デビュー10周年記念大会~夢の残酷プリンセス!!~』が行われた。

 この日のメインイベントでは、中森がこれまでのレスラー人生で特に思い入れの強いメンバーに囲まれた中森華子&コマンドボリショイ&井上貴子vs.倉垣翼&木村響子&DASH・チサコの6人タッグマッチに。
 若手時代から親交のある井上貴子とダブルのディスティニー・ハンマーを決めた中森は、最後は鎮魂歌(レクイエム)ドライバーで同じく10周年を迎えた同期、DASH・チサコから3カウントを奪った。

 中森は涙を見せながら「10周年記念大会と記念試合もさせて頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。10年間は本当にあっという間だったんですけれども、やってないこともいっぱいあるし、やりたいこともまだまだたくさんあります。これからJWPを引っ張っていくので、皆さん応援よろしくお願いします!」と挨拶。
 バックステージでは「改めて私はJWPでやってきて本当に心から良かったって思ってます。感謝の気持ちを恩返ししていくには、私がもっともっと強くカッコイイ、大きな選手になっていくことだと思うので、タッグのベルトを獲って、今年中には無差別のベルトを必ず巻いてやりたいと思います」とベルト奪取に意欲を見せた。

最終更新:7/14(木) 17:37

バトル・ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革