ここから本文です

「逆転のロッテ」ファン共感! 貯金10の前半戦、観客動員22%増

ちばとぴ!チャンネル 7月14日(木)16時17分配信

 千葉ロッテマリーンズは、今季前半戦ホーム42試合を終えての観客動員数は88万6577人で、前年同試合数比122.1%の大幅増となったと発表した。1試合平均は2万1109人で昨年より1試合平均3826人増だった。

 観客増に関して、山室晋也球団社長は「ファンサービスも含めた選手たちの頑張りに尽きると思います。逆転のロッテと言っていただいているように、最後まで諦めずに戦う選手たちの姿勢に、ファンの皆様が共感をして喜んでくれたのが一番の要因ではないかと考えています」とコメント。

 後半戦に向けては「諦めない姿勢で勝利を積み重ね、ファンの方々に喜んでもらえるようなプレーをしていただきたいと思っています。そして我々も、ファンにもっともっと楽しんでもらえる球場作りをしていきたい」と意気込みを語った。

 前半戦を47勝37敗。貯金10の3位で折り返した千葉ロッテマリーンズ。後半戦はファンの声援を後押しにさらに勝ち進み、『逆転のロッテ』の言葉通り、逆転優勝を目指す。

最終更新:7月14日(木)16時17分

ちばとぴ!チャンネル