ここから本文です

顔出しNG“歌姫シーア”って?【『ズートピア』『ファインディング・ドリー』】

dmenu映画 7/14(木) 20:00配信

MVでの土屋太鳳のダンスも話題となった、オーストラリア出身の世界的歌姫シーア(Sia)。彼女が、今年話題の映画の数々に一役買っているのをご存知ですか? 日本でも大ヒットした『ズートピア』や7月16日から公開される『ファインディング・ドリー』、さらには生田斗真、岡田将生らが出演する『秘密 THE TOP SECRET』(8月6日公開)にも、このシーアが関わっているんです。“有名になりたくない”というポリシーの元、徹底して顔を隠して公の場に現れることでも有名なシーア。歌唱力やずば抜けたポップ・センスと合わせて、そのミステリアスさでも大きな話題を呼ぶシンガーです。

後ろ向きパフォーマンスに驚愕

もともとリアーナやビヨンセ、マルーン5など、ソングライターとしてヒット曲を世に送り出してきたヒット・メイカーのシーア。シンガーとしては、2015年のグラミー賞で彼女自身のヒット曲「シャンデリア」を披露する際に、背中を向けたまま歌うという前代未聞のパフォーマンスを見せて、観客を驚かせました。2013年に米『ビルボード』誌に登場した際には、頭から紙袋を被って登場するなど、徹底して顔出しNGでメディアに登場しています。

『ズートピア』主題歌を作詞・作曲

子どもから大人まで大きな感動に包んだ『ズートピア』は、主題歌「トライ・エヴリシング」もヒットしましたよね。この曲を歌っているのは、『FIFAワールドカップ』公式ソングでも知られる世界的人気の歌姫、シャキーラ。

当初、シャキーラが主題歌の歌唱と制作をすることが決まっていましたが、第2子を妊娠した影響で、歌うことはできても曲作りまで行うのは難しそうだという判断に。そこでシャキーラが曲作りに指名したのが、シーアでした。2人のコラボレーションは大成功し、偏見や差別を乗り越えて夢を実現していく映画のテーマを盛り上げる至高の1曲となりました。

今夏公開の2作品にも抜擢

7月16日から公開される『ファインディング・ドリー』のエンドソング「アンフォーゲッタブル」もシーアが歌っています。歌手のナット・キング・コールが歌って大ヒットしたジャズの名曲をカバー。米テレビ番組「エレンの部屋」でこの曲を歌ったときも、シーアは鼻まで覆う長い前髪の向こうから渋い美声を披露していました。ときどきカメラが下のアングルから顔へと迫るものの、やはり顔は見えず……。

8月6日公開の邦画『秘密 THE TOP SECRET』主題歌にもシーアの楽曲「アライブ」が起用されています。今作の大友啓史監督がまずシーアの歌声を気に入り、交渉に3カ月もかかって諦めかけた頃にようやく許可がおりたことをインタビューで明かしています。この曲は、女優・土屋太鳳の激しいダンスや天才空手少女・高野万優ちゃんの空手技などがミュージックビデオに起用されて、日本でも大きく話題となりました。

シーアの徹底した顔隠しは、楽曲のイメージを凝り固めない効果も生んでいるのかも……というのは考えすぎでしょうか。いずれにせよ、シーアの歌声でストーリーがさらに盛り上がること間違いないしの2作品、かなり期待が持てそうです。

(文/岩木理恵@HEW)

最終更新:7/14(木) 20:00

dmenu映画