ここから本文です

Pokemon GO、アメリカ人にメートル法を教える

ギズモード・ジャパン 7月14日(木)11時50分配信

1ヤードは0.9144m!

大人気コンテンツのポケモンを題材に、スマホで遊べるAR位置ゲーに仕上げた「Pokemon GO」。あらゆるニュースが飛び交い、その影響力に世界が驚いています。そして、このゲームは日本人には予想もしなかった理由でアメリカ社会に大きな影響を与えています。それは、Pokemon GOがメートル法を採用していること。

アメリカに行ったことがある日本の人は、ヤードやらフィートやらポンドやらの単位で苦労したことがあるのでは? 「そっか、海外ってそうなんだ」と思ったかもしれませんが、いえいえ、違います。世界のほとんどの国では、日本と同じくメートル法が採用されているんですよ。でも、アメリカでは政府がメートル法に乗り気でないようで、いつまでたってもヤードポンドヤードポンド…。英語が世界で使われる言葉なんだから、せめて単位くらい譲歩してくれよ! 個人的に何度そう叫んだことでしょう。しかし、個人がいくら言ってもどうにもなりません。そこで、今回のPokemon GOです。

リアルに外を歩き、アイテムやポケモンの卵を手に入れるPokemon GOがゲーム内で採用しているのはメートル法。約2kmに卵が1つ、珍しい卵なら約5kmに1つ。この仕様に多くのアメリカ人が「1kmって何マイル?」と戸惑っています。

Googleの検索トレンドをみれば一目瞭然。「5kmをマイルに」「2kmをマイルに」の検索結果が爆発的に伸びています。

現在のところ、Pokemon GOのゲーム設定に、単位表示切り換えはありません。…にやり。

これで、アメリカにメートル法が普及したら、Pokemon GOの力はたいしたもんです。国、歴史を動かすレベル。

Michael Nunez - Gizmodo US[原文]
(そうこ)

最終更新:7月14日(木)11時50分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]