ここから本文です

【インド】初のフットサルリーグ15日開幕、スター選手が到着

INDO WATCHER ビジネスプレミアム 7月14日(木)18時7分配信

 インド初のフットサルリーグ「プレミア・フットサル」が7月15日にチェンナイ(タミル・ナドゥ州)で開幕する。元ブラジル代表のロナウジーニョやマンチェスター・ユナイテッドで活躍したライアン・ギグスなど世界的なサッカー選手が続々とインド入りしている。PTI通信が7月12日付で報じている。

 プレミア・フットサルは6チーム(チェンナイ、ムンバイ、コチ、ゴア、コルカタ、バンガロール)を2グループに分けて総当たり戦を行い、各グループの1位と2位がトーナメント方式で優勝を争う。決勝は24日にゴアで行われる。

 また、プレミア・フットサルでは、サラリーキャップ制による年俸制限のない「マーキープレーヤー」を各チームに設定。ロナウジーニョ(ゴア)やギグス(ムンバイ)のほか、元イングランド代表のポール・スコールズ(バンガロール)、元アルゼンチン代表のエルナン・クレスポ(コルカタ)、元スペイン代表ミチェル・サルガド(コチ)や「フットサル界のペレ」としても知られるブラジルのファルカン(チェンナイ)の計6人が選ばれている。

 なお、グループ分けは以下の通りとなっている。

●グループA(チェンナイ、ムンバイ、コチ)
●グループB(ゴア、コルカタ、バンガロール)

最終更新:7月14日(木)18時7分

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。