ここから本文です

花あふれる境内 照蓮寺で檀家夫妻が世話

両丹日日新聞 7月14日(木)8時0分配信

 京都府福知山市長田、浄土真宗・頓圓山照蓮寺(藤雄木了齋住職)の境内で、約200本の百日草など様々な花が、盛りになっている。山門から本堂にかけての通路の両脇に、ピンクやオレンジの花が揺れる。

 檀家で、花づくりが趣味の山崎近史さん(67)、多恵子さん(68)夫婦が、境内に花を植えて世話をしている。

 百日草は3品種あり、3月に近史さんが種を植え、水やりや草引きなどの世話をしてきた。夏の間、楽しめそうだという。

 境内にはアオイやヒマワリなどもあり、冬には葉ボタンも植えている。多恵子さんは「お参りに来られる方へのおもてなしになれば」と笑顔を見せる。

 昨年はヒマワリがたくさん花を咲かせた。今年は連作障害や鳥害で生育はいまひとつだが、種を檀家に配ったため、多くの家の畑や庭で元気に花を咲かせているという。

両丹日日新聞社

最終更新:7月14日(木)8時0分

両丹日日新聞