ここから本文です

領収書を偽造 矢後県議不正認め謝罪/富山

チューリップテレビ 7月14日(木)18時6分配信

 富山県議会副議長の矢後肇(やごはじめ)氏が書籍を購入したとする領収書を偽造して政務活動費およそ463万円分を不正に受け取っていたことを認め13日夜、謝罪しました。
 収支報告書によりますと副議長の矢後肇氏は、2010年4月から4年半の間南砺市の書店で高額の書籍を購入したとする領収書を添えて報告、金額はあわせておよそ463万円にのぼります。
 しかし、出された領収書は書店のものとは異なり矢後氏が、自ら印鑑を用意し偽造したもので本も購入していませんでした。
 矢後氏は不正に受け取ったお金は返金し、副議長を辞職するとしています。

チューリップテレビ

最終更新:7月14日(木)18時6分

チューリップテレビ