ここから本文です

あの「ご飯のお供」4年連続金賞 福井の丸市食品、モンド輝く

福井新聞ONLINE 7月14日(木)8時51分配信

 水産品加工卸販売の丸市食品(本社福井市高木中央3丁目、勝木雄次社長)の「MSC認証 無着色辛子明太子」が、飲食料品などの国際品評会「モンド・セレクション」で4年連続の優秀品質金賞に輝いた。

 原料のスケトウダラの卵を同社は、漁業資源の環境保全のために適切な管理下で漁獲されたことを示すMSC認証を取得しているものを、アラスカなどから仕入れている。独自の加工技術を持ち、「一粒一粒が立っているような、つぶつぶ感」(同社)が特徴。上品な薄味仕立てでアレルゲンを使用していない。

 同社によると、温暖化の影響でスケトウダラの漁獲は年々減少し、小型化するなど仕入れに苦労する面があるという。4年連続の受賞について担当者は「安全安心に加え、高い水準で品質を維持している点が評価された。子どもたちのご飯のお供として、今後も喜んでもらえる商品を提供したい」と話している。

 8月19日まで受賞を記念し、本社併設の直営店「まるいち つぶうま本舗」などで、金賞を獲得した辛子明太子(450グラム)を10%オフの4374円で販売している。

福井新聞社

最終更新:7月14日(木)8時51分

福井新聞ONLINE