ここから本文です

広島黒田、日米200勝お預け 「常に期待に応えたいが…そんなに甘くない」

Full-Count 7月14日(木)7時20分配信

悔やまれる村田の一発、「展開的にはあのホームランが痛かった」

 日米通算200勝まであと1勝としている黒田が、13日の巨人戦に先発したが、7回6失点で負け投手となり、記録達成はならなかった。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 2回に阿部の一発で先制を許したが、巨人打線を5回まで4安打1失点に抑えていた。しかし、打線の援護がないまま迎えた6回、2死三塁から阿部にタイムリーを許すと、続く村田に2ランを浴び、試合の行方が決まった。

 フルカウントからの阿部の一打を「外のカットボールが甘く入ってしまった」と悔やんだ黒田は、「展開的には、あのホームランが痛かった。完璧に打たれてしまった」と、村田の一発を反省した。「一発は防がないといけない場面。勝負に行った球だったが、結果的にホームランになってしまった。自分の力がなかったと言うしかない」と肩を落とした。

 6回4失点で降板と思われたが、7回も続投。2死まで取ったが、2本のタイムリーを浴びて降板した。緒方監督は「黒田がいけると言ったので」という続投だったが、黒田本人は「あの回は、ボールが完璧に浮いてしまった」と悔しそうだった。

 地元での記録達成はならず、「期待に応えたいという気持ちは常にあるが、そんなに甘くない」という黒田だが、最後は「常に次の試合、次の登板に向けて、できる準備をすべてやる。それは変わらない」と前を向いた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:7月14日(木)7時20分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]