ここから本文です

【J1リーグ戦評】サガン鳥栖2-0湘南ベルマーレ サガン、攻守に積極的プレー

佐賀新聞 7月14日(木)12時17分配信

 鳥栖が攻守に積極的なプレーを見せ、湘南に完封勝ちした。

 前半立ち上がりからMF鎌田を中心に果敢に攻勢をかけ、15分にMF高橋のクロスをFW豊田が左足でけり込んで先制。守ってもDFキム・ミンヒョクらが素早い寄せで攻撃の芽を摘み、相手シュートを1本に押さえ込んだ。

 後半も鳥栖は攻撃の手を緩めず、鎌田、豊田が立て続けにゴールに迫った。16分にはゴール前でボールを受けた豊田が左足で決めて追加点。終盤は湘南に攻め込まれる場面もあったが、DF吉田ら守備陣が跳ね返し、最後はDF青木を投入して5バックに守りを固めて逃げ切った。

最終更新:7月14日(木)12時17分

佐賀新聞

スポーツナビ サッカー情報