ここから本文です

MISIAを送り出した島野聡、90年代SPEEDのアレンジャー水島康貴に聞く、音楽制作・音楽市場の変化

SENSORS 7月14日(木)18時0分配信

7月16日(土)~17(日)、朝日新聞メディアラボ 渋谷分室にて開催される「MUSICIANS HACKATHON 2016 by Mashup Awards」。アーティストや音楽プロデューサーがチームに加わるというハッカソンだ。

【関連記事】浅田祐介に聞く、アーティストがハッカソンに参加する意義

経験豊富なミュージシャンとチームを組み参加できることが醍醐味の一つと言える当ハッカソン。開催に先駆けて、今回は参加するミュージシャンのうち、デビュー時のMISIAのプロデュースを手がけるなどの実績を持つ島野聡氏、SPEEDのデビューから2000年の(当時)解散まで全ての楽曲の編曲を手がけるなどの実績を持つ水島康貴氏に、音楽制作や音楽市場の変化、ハッカソンに期待すること、これまでの経験など貴重なコメントを頂いた。

楽曲制作は“みんな“から“個“で生み出す時代に変化

--90年代と今、楽曲制作や楽曲の広まり方において変わった点は沢山あるかと思います。特にどのような点で大きな変化と感じられていますか?

島野:90年代といえば、CDが物凄く売れていた時代。タイアップ至上主義といいますか、もうとにかくタイアップ。やはりテレビというメディアが中心で、情報はそこから発信していた時代です。現在はスマートフォンが手元にあり、情報はいつでも取り出せる。未だにテレビの存在感はあなどれませんが、SNSとの連動等、情報発信が確実に各個人の手元にあるような感じがします。
楽曲制作に関してはデカい商用スタジオからプライベートな空間に制作の場所が移ってきました。なので、みんなでワイワイとスタジオで作り上げる事がなくなりました。これはちょっと残念に思っているところです。今は比較的1人の目の前のPCの画面に全てが展開されている感じで、個々の戦いに近いイメージで作業が進んでいきます。スタジオでやっていた時の方が、圧倒的にスピード感があって、ギュッとその時の空気感だったりアツさだったりが詰まっていたような気がしています。

水島:楽曲制作に於いてはDAWの進化により、集から個になったと感じます。当時はピアノやギターの弾き語りをテープレコーダーに1発録音!そこから作詞家、アレンジャー、ミュージシャンなど多くの方が関わる事により楽曲が完成されると言う流れが主流でした。現在は作曲した曲にPCでドラム、ベースなどを打ち込み、作家がアレンジをし、仮歌を歌詞入りで録り完成された音源をほぼ1人で作り上げる。どんな物になるかワクワクしながら皆でスタジオで制作していた時代から1人でコツコツと作り上げなくては誰も聞いてくれない様な、クリエイターへの負担が大きく変わった様に感じております。
楽曲の広まり方に於いてはネットや携帯、SNSなどの発達により個から集へのアプローチが気軽に可能になった事だと思います。自分で作った楽曲をネットで配信、販売が可能になり、その日に作ったものをその日に多くの方に聞いてもらえる事が可能になりました。これは僕にとってとても刺激的な事です。

1/2ページ

最終更新:7月14日(木)18時0分

SENSORS