ここから本文です

杉田祐一、第1シードのジョンソンに完敗<男子テニス>

tennis365.net 7月14日(木)11時19分配信

ホール・オブ・フェーム選手権

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は13日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク107位の杉田祐一(日本)は第1シードのS・ジョンソン(アメリカ)に1-6, 4-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

錦織 ジョンソンを破る

この試合、杉田は3度のブレークチャンスを活かすことが出来ず、自身のサービスゲームでは3度のブレークを許し、59分で敗れた。

今大会は1回戦でA・ワイントラウブ(イスラエル)を逆転で破っての勝ち上がりだった。

世界ランク25位のジョンソンは、今年6月のAEGONノッティンガム・オープン(イギリス/ノッティンガム、芝、ATP250)でツアー初優勝を飾り、ウィンブルドンではR・フェデラー(スイス)に敗れるもベスト16へ進出した。

準々決勝では第8シードのD・ヤング(アメリカ)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:7月14日(木)11時19分

tennis365.net