ここから本文です

高岡市美術館 あすから村上炳人展/富山

チューリップテレビ 7/14(木) 20:47配信

 高岡市出身の彫刻家・村上炳人(むらかみ・へいじん)の生誕100年を記念した企画展の15日から高岡市美術館ではじまります。
 14日は、15日の開幕を前に開会式が行われ展示作品が公開されました。
 高岡市に生まれた村上炳人は高校卒業後上京し日本の木彫刻の第一人者に師事。
 『彫刻で詩(うた)をうたう』をテーマに、目に見えないものを形で表現する手法を追求し多彩な造形作品を生み出してきました。
 この企画展では、年代ごとに70点の造形作品を展示。
 屋外作品のなかから旧富山市立図書館の壁面彫刻としてなじみ深い『め』や、孫悟空が現代社会を眺める様子をイメージした『きん斗雲(とうん)』などモチーフから想像をかきたてる作品が目立ちます。
 彫刻作品だけではなく陶芸や書画も並び多様な分野に能力を発揮した炳人の知られざる創作活動の軌跡が垣間見えます。
 この企画展は、15日から来月28日までです。

チューリップテレビ

最終更新:7/14(木) 20:47

チューリップテレビ