ここから本文です

【動画解説】三連休の全国天気予報 海の日は西日本で晴れ間あり

ウェザーマップ 7月14日(木)12時14分配信

ウェザーマップ

 16日(土)から18日(月)の海の日までの三連休の天気予報を詳しく解説します。低気圧がゆっくり通過し曇りや雨の所が多いですが、一部で晴れ間もありそうです。

 16日に朝鮮半島付近で発生する低気圧が、18日にかけて関東付近へ進みます。低気圧の動きがゆっくりなので、この三連休は西~東日本を中心に曇りや雨の所が多くなりそうです。

 16日は一部で日ざしもありますが、九州や北陸、東北で雨が降るでしょう。17日は西~東日本の広い範囲で雨となります。18日も東日本から東北で雨となりますが、低気圧が離れていく西日本では午後を中心に晴れそうです。一方、那覇と札幌は高気圧の範囲内でこの三日間は晴れる日が続く見込みです。

 気温は平年並みかやや高めとなります。最低気温は西日本で25℃以上の日があり、熱帯夜となる所があるでしょう。最高気温は30℃前後で極端な暑さはないものの、湿度が高めなので蒸し暑く感じそうです。(気象予報士・河津真人)

最終更新:7月14日(木)12時38分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。