ここから本文です

英首相官邸のネコ「ラリー」、キャメロン一家とともに去らず?

AFPBB News 7/14(木) 7:03配信

(c)AFPBB News

【7月14日 AFP】デービッド・キャメロン(David Cameron)英首相は13日、辞職にともないロンドン(London)ダウニング街10番地(10 Downing Street)の首相官邸を去った。その一方、官邸にとどまる住人もいる。「権力の回廊」をわが物顔で歩き回っていた茶と白のしま模様の雄ネコ、ラリー(Larry)だ。

 ラリーは2011年から官邸でネズミ捕りの任務に従事しているが、キャメロン首相の後任となるテリーザ・メイ(Theresa May)内相が最後の閣僚会議に現れた時も、メイ氏のヒョウ柄の靴にも動じずにじっと彼女の顔を見上げていた。

 内閣報道官は「ラリーは役人であり、キャメロン家の一員ではない」とし、「彼はとどまることになるだろう」と語った。(c)AFPBB News

最終更新:7/14(木) 7:03

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。