ここから本文です

【日米大学野球】 MLB目指す米国大学代表の日系三世 来日で「ルーツをたどれてうれしい」

Full-Count 7/14(木) 7:30配信

ケストン・ヒウラの来日に日本人の祖母と二世の父も大喜び「みんな応援してくれる」

 第40回日米大学野球選手権で来日した全米代表チームのメンバー表に目を通すと、日本人には親近感が沸く名前に気が付く。「ケストン・ヒウラ」。カリフォルニア大アーバイン高でプレーする内野も外野も守れるユーティリティプレーヤーだ。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 現在2年生のヒウラは、父方の祖母が日本人という日系三世。今回の日本遠征を心待ちにしていたという。

「自分のルーツをたどれるなんてうれしい。滅多にないこと。祖母も父も本当はみんな一緒に来たがったんだけど、仕事があったり用事があったりで来れなかったんだ。その分、楽しんでくるようにって送り出してくれたよ」

 第1戦は指名打者で出場し、第2戦はベンチから戦況を見守った。本来のポジションは二塁とセンター。内外野をこなすユーティリティプレーヤーとして、米国代表チームを支える。侍ジャパンと対戦し、「アメリカではあまり見ない投球パターンだったり、試合運びだったり。1戦1戦がとても勉強になるし、いい経験になっている。何よりも、日本でこうやって野球をプレーできたっていう事実がうれしいね」と誇らしげに話した。

 身長183センチ、体重85キロと決して大柄ではない体格だが、堅実な打撃と守備を信条に、1年生だった昨季は大学の記録を次々と塗り替えた。秀でているのは運動能力だけでなく、学問の成績も優秀。全米でも有数のカリフォルニア大アーバイン高に進学した理由の1つは、カリキュラムの充実度だったという。だが、将来の目標に掲げるのは、もちろんメジャーリーガーになること。

「生まれ育った場所はロサンゼルス・ドジャースのテリトリー。だから、ドジャースの大ファンとして育ったんだ。最高の夢はドジャースの一員としてプレーすること。でも、どのチームでもいいからメジャー球団と契約して、メジャーリーガーになれたら本望だよ」

 残り3戦では、二塁手もしくは中堅手としてプレーする可能性も高い。日本にルーツを持つヒウラが、どんなプレーを見せてくれるのか、注目だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/14(木) 7:30

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]