ここから本文です

「ポケモンGO捕獲用ドローン」というチートアイテムが登場…たぶん実現しないけど

sorae.jp 7月14日(木)12時1分配信

いまや世界的なブームとなっている、モバイルアプリの「ポケモンGO」。以前にもドローンでポケモンGOの育成をチートしようとした(そして失敗した)男性をご紹介しましたが、今回はポケモンGO育成用ドローン「Pokedrone」のコンセプトの登場です。(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=dI9fqH8zkNM)

ドローン製造メーカーのTRNDlabsが公開した動画では、ドローンとコントローラーに接続したスマートフォンでポケモンGOを楽しむ様子が公開されています。わざわざ足を棒にしてモンスターを探しまわらなくても、指先の操作でドローンを飛ばしポケモンをサーチアンドゲットしようという寸法です。

と、このように理想のポケモンGOのプレイ環境が実現できそうなPokedroneですが、その製品化には高いハードルがありそうです。まず、iPhoneのカメラやGPS情報をドローンで利用するには「脱獄」という、正規プレイとは言い難い手法が必要となります。これを任天堂が認めるとは思えません。あと、製品名に「Poke」と入っている点も任天堂の法務部から叱られることになるでしょう。
 
開発元のTRNDlabsは「今後、任天堂にPokedroneの製品化について掛け合うつもりだ」とコメントを寄せていますが……多分、無理なんじゃないかな。でも、コンセプト自体は非常に興味深いドローンでしたね!

最終更新:7月14日(木)16時24分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]