ここから本文です

吉野行き観光特急「青の交響曲」、デビュー前に有料試乗会開催 近鉄

乗りものニュース 7/14(木) 12:00配信

9月10日から大阪阿部野橋~吉野間で運行

 近鉄は2016年7月13日(水)、大阪阿部野橋~吉野間で9月10日(土)から運行を開始する観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」の有料試乗会を、9月3日(土)と4日(日)に開催すると発表しました。

 試乗会では、車内で車両の概要説明を実施。参加者には吉野杉を使った「試乗会参加記念証」や「青の交響曲」の車両パンフレット、マフラータオル、車両立体キーホルダーなどなどが進呈されます。

 行程は大阪阿部野橋駅(大阪市阿倍野区)から吉野駅(奈良県吉野町)に向かう「Aコース」と、逆向きの「Bコース」のふたつです。途中駅での乗降はできません。また、両コースとも専属アテンダントが乗務します。

 旅行代金はいずれのコースも大人8000円、小児6690円、乳幼児600円です。代金には近鉄線の往復運賃や、片道の特急料金とDX料金のほか、試乗会参加記念品、イベント費用、諸税などが含まれます(乳幼児は座席指定、参加記念品なし)。定員は各コースとも60人です。参加の受付は近鉄駅営業所で、7月14日(木)から8月19日(金)まで行われます。満員になり次第締め切られる予定です。

「青の交響曲」は一般車両の6200系電車を改造した16200系の3両編成。全車指定席、禁煙です。1号車と3号車は座席スペースで、すべて2列+1列という幅広の「デラックスシート」になっているのが特徴。グループで楽しめるテーブルを備えた「サロン席(3~4人用)」や「ツイン席(2人用)」も用意されます。2号車は「ラウンジ車両」で、バーカウンターも設置されます。

 近鉄は「運行開始に先立ち、観光特急『青の交響曲(シンフォニー)』の上質な乗り心地と、ゆったりとした時間を体感していただければ」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/14(木) 12:39

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。