ここから本文です

関西地区 薄板需要低調脱せず

日刊産業新聞 7月14日(木)11時59分配信

 関西地区の薄板需要は低調の域を脱しないまま、夏場を迎えている。需要分野によって温度差はあるものの、建材主体に活気を欠く展開。先行き需要増の予測は聞かれる一方で、中小の扱い業者の認識は厳しい。流通は期待を控えながら足もとの販売に臨んでいる。

最終更新:7月14日(木)11時59分

日刊産業新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。