ここから本文です

コールシュライバー、クエバスらが8強 [ハンブルク/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月14日(木)12時10分配信

 ドイツ・ハンブルクで開催されている「ドイツ・テニス選手権」( ATP500/7月11~17日/賞金総額138万8830ユーロ/クレーコート)の2回戦で、第1シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)がニコラス・キッカー(アルゼンチン)をフルセットで下して準々決勝に進出した。コールシュライバーは第1セットを落としたあと挽回して、4-6 6-1 6-2で勝利を収めた。

コールシュライバーがティームを下して大会3度目の優勝 [BMWオープン]

 コールシュライバーは準々決勝で、マッシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)を6-3 6-4で下したレンツォ・オリーボ(アルゼンチン)と対戦する。オリーボはキャリア初の準々決勝進出だ。

 第3シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)はティアゴ・モンテイロ(ブラジル)を6-2 6-3で下してベスト8入りを果たした。クエバスは2月に優勝したリオデジャネイロとサンパウロの大会でもモンテイロを破っている。

 クエバスが準々決勝で対戦するのは、第6シードのニコラス・アルマグロ(スペイン)を4-6 7-6(4) 7-5で下したポール アンリ・マチュー(フランス)となった。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JUNE 27: Phillip Kohlschreiber of Germany plays a backhand shot during the Men's Singles first round match against Pierre-Hugues Herbert of France on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 27th, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7月14日(木)12時19分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。