ここから本文です

東京都心で激しい雷雨 天気の急変に警戒

ウェザーマップ 7月14日(木)15時3分配信

 14日午後3時現在、東京都心で激しい雷雨になっている。14日夜遅くにかけて、雷雨の起こりやすい状態が続く見通しで、天気の急な変化に警戒が必要だ。

 関東地方の上空には寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっていて、関東地方のあちらこちらで激しい雷雨になっている。
発達した積乱雲により、東京都心周辺でも午後2時過ぎから雨が降り出し、局地的に激しい雷を伴っている。

 このあと今夜遅くにかけて、関東地方の広い範囲で、急な雨や激しい雷となるおそれがあり、空模様の急な変化に注意が必要だ。

【大雨・洪水警報 14日午後3時15分現在】
 東京地方
 埼玉県北部・南部

 この他、関東地方の広い範囲に大雨、洪水雷注意報、竜巻注意情報が発表されている。

 気象台の発表する注意報や気象情報に注意するとともに、発達した雨雲が近づいてきたら、建物に移動するなど安全の確保に努める必要がある。

最終更新:7月14日(木)17時23分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。