ここから本文です

ソーラー・インパルス2、ピラミッド上空を飛行 エジプト到着

AFPBB News 7/14(木) 7:28配信

(c)AFPBB News

【7月14日 AFP】太陽エネルギーのみでの世界一周飛行に挑戦中の次世代ソーラー飛行機「ソーラー・インパルス2(Si2)」が13日、2日前に飛び立ったスペインのセビリア(Seville)からエジプトのカイロ(Cairo)に到着した。

 ソーラー・インパルス2は途中アルジェリア、チュニジア、イタリア、ギリシャ上空を通過し、ギザ(Giza)のピラミッド上空を飛行した後、カイロの空港に13日午前7時10分(日本時間同日午後2時10分)着陸した。

 先月ソーラー飛行機による初の大西洋単独横断飛行を果たしたソーラー・インパルス2は、次に、2015年3月9日に世界一周への挑戦を開始したアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ(Abu Dhabi)を目指す。(c)AFPBB News

最終更新:7/14(木) 11:34

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。