ここから本文です

アルマグロ 最後は相手のネットインで逆転負け、8強ならず<男子テニス>

tennis365.net 7月14日(木)13時44分配信

ジャーマン・オープン

男子テニスツアーのジャーマン・オープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)は13日、シングルス2回戦が行われ、第6シードのN・アルマグロ(スペイン)はP・H・マチュー(フランス)に6-4, 6-7 (4-7), 5-7の逆転で敗れ、ベスト8進出を逃した。

アルマグロ結婚「美しい1日」

この試合のファイナルセット、第11ゲームでアルマグロはブレークを許してしまう。そして、第12ゲームでは最後マチューが放ったフォアハンドのショットがネットインし、2時間49分で試合に終止符が打たれた。

マチューは準々決勝で第3シードのP・クエバス(ウルグアイ)と対戦する。

同日には第1シードのP・コールシュライバー(ドイツ)がN・キッカー(アルゼンチン)を逆転で破り、ベスト8へ駒を進めた。

その他のシード勢は第2シードのB・ペール(フランス)、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのJ・シャーディ(フランス)が初戦で敗退した。

tennis365.net

最終更新:7月14日(木)13時44分

tennis365.net