ここから本文です

世界ではよくある生前退位 そのときの反応は

BuzzFeed Japan 7/14(木) 20:08配信

7月13日、天皇陛下が数年内に生前退位を望まれているとの報道が流れた。日本ではおよそ200年、生前退位はなかったが、世界では決して珍しいことではない。ローマ法皇や欧州の王室など、さまざまな理由で退位を表明している。その時、どのような反応があったのか。いくつか紹介する。【BuzzFeed Japan / 山光瑛美、中野満美子】

ローマ法皇ベネディクト16世

ローマ法皇ベネディクト16世は、2013年2月28日午後8時に「辞任」した。当時85歳だったベネディクト16世は、「高齢」を理由に職を辞した。約600年ぶりとなる、存命中の退位だった。

突然かつ歴史的な発表に、世界は驚いた。法皇が取った行動が「偉大なる神聖な自由」であり、気品と謙遜さに満ちていると評価される一方、聖職者による性的虐待問題への対応に不満を持っていた人々からは、辞任を喜ぶ声もあった。

現在は、バチカンのカステル・ガンドルフォの使徒宮殿で過ごしている。

ベアトリックス女王

ベアトリックス前女王(当時75歳)は、2013年の4月に生前退位した。息子ウィレム・アレキサンダー皇太子が1890年以来の初の王として継承した。

ベアトリックス前女王の母親や祖母も生前退位をした。新国王の即位式では、観衆は在位33年を迎えたベアトリックス前女王を温かい拍手で迎えた。

今は、王女となっている。

アルベール2世

ベルギー前国王のアルベール2世は、健康上の問題を理由に79歳で退位した。長男フィリップ皇太子が継承している。

アルベール2世は20年に及ぶ在位期間中、ベルギー国内の南北対立を統一するのに大きな役割を果たし賞賛を得ていた。しかし、隠し子や王室予算の問題などに対する批判もあった。後を継いだ長男のフィリップ新国王について、まだ王として未熟だと懸念する声もあった。

生前退位は1951年に続いて2度目。ベルギーでは珍しい。

ほかにも、スペイン、ブータン、カタールなどでも生前退位が行なわれている。

逆に、いつ生前退位するかに注目を集めているのがイギリスのエリザベス女王だ。90歳のエリザベス女王は、イギリス史上もっとも長い在位期間を誇る。イギリスでは、「チャールズ皇太子が王になる日は来るのか?」「フィリップ殿下の死後に女王を退位するのか」などといった報道もある。

最終更新:7/14(木) 20:08

BuzzFeed Japan

なぜ今? 首相主導の働き方改革