ここから本文です

「アバルト版ロードスター」を日本初公開!名車「コスモスポーツ」も登場!【オートモビル カウンシル2016】

オートックワン 7/14(木) 16:52配信

8月5日(金)~8月7日(日)に幕張メッセにて、ヘリテージカー・イベント「オートモビル カウンシル 2016」が日本初開催される。日本国内外の自動車メーカー9社とヘリテージカー専売店19社が一堂に会し、日本の自動車マーケットをけん引してきた80台を超える往年の名車を展示・紹介・販売する。

>>イベントに登場するクルマ(写真19枚)

日本の名車マツダ「コスモスポーツ」の展示をはじめ、2016年秋に欧州で発売予定の「ロードスターのアバルト版」の「アバルト 124 スパイダー」が日本初公開される。これまでweb上でしか見ることのできなかった話題の新型車を見る絶好のチャンスだ。

テーマは、「クラシック・ミーツ・モダン」

世界の自動車産業は、2度の大戦を経て1950年以降、数多くのブランドフィロソフィーが生まれ著しい発展を遂げた。オートモビル カウンシル実行委員会では、大きく開花したこの時期以降に登場したクルマを、将来にわたって継承される「ヘリテージカー」と位置付ける。

「オートモビル カウンシル 2016」では、メーカーは自社のヘリテージカーと最新のモデルを同時に展示。

国内メーカーは、2016年で生誕50年を迎えるトヨタ「カローラ」の初代モデルと生誕50年記念限定車、スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプと水平対向エンジンの初期型と最新型、同年春のニューヨーク国際自動車ショーに出品されたスポーツカーなどが国内で初めて一般公開される予定だ。

さらに、外国メーカーでは、「アバルト 124 スパイダー」に加え、レーシングテクノロジーを満載したボルボ「S60 Polestar」、ジュネーブショー2016で公開され話題となった最新モデルマクラーレン「570 GT」などが国内では初めて一般公開される。

イベント詳細

◆会期

2016年8月5日(金)~7日(日)9:00~18:00     

※5日(金)の09:00~12:00は、プレスタイムのため一般入場不可

◆入場料

▽プレミアムタイム券 8月5日(金) 12:00~18:00 限定3,000名

大人・学生(小学生~高校生) 前売券3,000円 当日券3,500円

▽1日券 8月6日(土)または8月7日(日)のいずれかの1日

大人 前売券2,300円 当日券2,500円

学生(小学生~高校生) 当日券のみ1,500円

▽2日券 5日のプレミアムタイム+6日または7日

大人 前売券5,000円 当日券5,500円

▽2日券 6日+7日

大人 前売券4,000円 当日券4,500円

※ 未就学児は各日無料(大人同行必須)

※ 入場券で講演会・トークショー入場可

※ 入場料金は消費税込価格

2016年6月18日(土)より各プレイガイドにて販売開始

ローソンチケット、イープラス、チケットぴあ、Peatix

最終更新:7/14(木) 16:54

オートックワン