ここから本文です

伊万里市役所、落雷で全館が停電 懐中電灯で業務 13日

佐賀新聞 7月14日(木)14時40分配信

 13日午前10時半ごろ、佐賀県の伊万里市役所に落雷があり、全館が停電した。市民課窓口での証明書発行が一時停止し、職員は午後2時15分に全面復旧するまでの間、薄暗い庁内で懐中電灯をともして業務に当たった。

 庁舎南の電柱の引き込み線付近への落雷で断線した。全国瞬時警報システムなどの防災システムは自動で自家発電に切り替わった。市民課窓口での証明書発行業務は手動で切り替える必要があり、対応が可能になるまで住民票と印鑑証明が約20分、戸籍証明が約55分かかった。窓口での大きな混乱はなかった。

 復旧まで各階の電灯は消え、エアコンも止まったままだった。パソコンも利用できず、職員の一人は「できる作業が少ない」とぼやいていた。

最終更新:7月14日(木)14時40分

佐賀新聞