ここから本文です

20歳のドイツ代表MFサネがマンC移籍で個人合意 独紙報じる

theWORLD(ザ・ワールド) 7月14日(木)16時10分配信

超人気銘柄を確保か

ペップ・グアルディオラ新監督がまたしてもブンデスリーガから優秀な人材を引き抜こうとしている。

独『Bild』は、シャルケでプレイする20歳のドイツ代表MFレロイ・サネがイングランドのマンチェスター・シティへ移籍することで個人間合意に達したと伝え、新星ドリブラーのプレミアリーグ参戦が迫っていると報じた。以前よりバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、そしてバイエルン・ミュンヘンといった名だたるメガクラブから関心を寄せられていたサネだが、その行き先はペップ率いるシティとなるようだ。同メディアによるとシャルケはこの突出したタレントの放出により4200万ポンド(約58億円に相当)を受け取り、サネはシティと4年の契約を結ぶことになるという。すでにドルトムントからドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン、そしてセルタからスペイン代表FWノリートといった実力者らを次々と獲得しているシティだが、今夏の人気銘柄とされていたサネまでをも手中に収めようとしている。

先のユーロ2016でもドイツ代表のメンバーに選出され、若くからそのクオリティを存分に発揮している同選手であれば、熾烈なプレミアリーグにおいてもその才能をいかんなく見せつけることができるにちがいない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月14日(木)16時41分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]