ここから本文です

マドンナJ、W杯5連覇へ出場20選手発表 清水美佑が高校生で唯一メンバー入り

Full-Count 7月14日(木)14時19分配信

新ユニも発表、最大ライバルは「アメリカ」と大倉監督

 NPBエンタープライズは14日、第7回WBSC女子野球ワールドカップ2016に向け、侍ジャパン女子代表選手20名を発表した。

 今回選考されたのは、6大会連続出場となるベテラン外野手の志村亜貴子(アサヒトラスト)、4大会連続出場の六角彩子内野手(侍)、3大会連続出場の川端友紀内野手(埼玉アストライア)、唯一の高校生メンバーとなる清水美佑投手(埼玉栄高)といった面々。5連覇に向けて“マドンナジャパン”を牽引する大倉孝一監督(環太平洋大学)は、選手選考のポイントについて「機動力を重視した。そこからでも仕掛けられるチームを目指した」と語った。

 9月3日から韓国・釜山で開催される第7回WBSC女子野球ワールドカップ2016で、グループBに組み分けされたマドンナジャパンは、カナダ、オランダ、インドとリーグ戦を戦う。ここで2位以内に入れば、決勝リーグに進出できる。大倉監督は、最大のライバルとして「3大会連続で決勝で当たっているアメリカ」を挙げながら「オーストラリアとカナダもマークしなければいけないチーム」と警戒。事前に対戦相手の情報が得づらい環境もあるが「戦いながら決勝リーグに入るまでに、各国の戦力を見極めたい」と話した。

川端友紀は「広角に打てる打撃を見て欲しい」

 マドンナジャパンの主将を任命された志村は「キャプテンだから、ということではなく、チームをまとめていきたい。5連覇を目指すことはもちろん、女子野球の発展のためにも頑張りたい」と意気込んだ。ヤクルト川端慎吾内野手を兄に持つ川端は「広角に打てる打撃を見て欲しい。常に全力でプレーする姿を子供たちに見せたい」とアピールした。

 今回大会から新デザインのユニフォームを採用。胸にある「JAPAN」の文字に、女性らしさと日の丸、そして闘志を意識した赤い縁取りをほどこした。新しいユニフォームに袖を通して記者会見に臨んだ六角は「とてもわくわくした気持ちと、どきどきした気持ちがある。すごく楽しみです。守備は勢いのあるプレー、打撃はバントやエンドランを確実に決めるところを見てほしい」と気合を入れた。

 また、今回高校生で初選出となった清水は「伸びのあるストレートや、大舞台を楽しめる姿を見て欲しい」と自分をアピールする一方で、日本代表入りしたことについて「今までの人生で一番感動した瞬間。(友達が)教室まで来て、おめでとうと言ってくれました」と初々しい笑顔を浮かべた。

 マドンナジャパンは、今後8月11~13日に松山合宿、8月29~31日に最終合宿を行った後、9月3日の本番に臨む予定だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月14日(木)14時19分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]