ここから本文です

水をかけられ、す巻きでほら貝演奏「水止舞」 東京

AFPBB News 7月14日(木)23時4分配信

【7月14日 AFPBB News】東京都大田区の厳正寺(Gonshoji)で14日、「水止舞(Mizudome no Mai)」が行われた。強い日差しが照りつける中、わらです巻きにされたままほら貝を吹く男性2人を先導に、地元の幼稚園児も加わった約200人が約150メートルを練り歩いた。

【関連写真(全15枚)】暑さも水もへっちゃら、熱狂の道中

 約700年前の長雨を止める祈りが由来とされる「水止舞」。わらの中でほら貝を吹く男性を「龍神」にみたて、勢いよく水をあびせながら、厳正寺の境内まで運ぶ儀式「道中(みちゆき)」のあと、境内で獅子舞が奉納される。1963年には、東京都無形民俗文化財に指定されている。(c)AFPBB News

最終更新:7月15日(金)0時48分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。