ここから本文です

G岡本が左翼3ランにガッツポーズ フレッシュオールスターで一躍MVP候補に

Full-Count 7月14日(木)19時55分配信

2点リードの5回に3ラン

 巨人の岡本和真内野手が14日のフレッシュオールスター(倉敷)でイースタン選抜の4番・一塁で出場。5回無死一、三塁で迎えた第3打席で左翼席へ3ランを放った。

 イースタンリーグ2位の12本塁打の岡本がフレッシュ球宴でも力を見せつけた。ソフトバンクの松本から放った一発に本人も珍しく大喜び。思わずガッツポーズし、白い歯もこぼれた。前の打席でもレフト前安打。すかさず二塁への盗塁を試みたが、タッチアウト。苦笑いしながらも、夏の“ヤング”祭典を楽しんでいるようだった。

 このオールスターでは1名の最優秀選手に賞金100万円、優秀選手賞2人には50万円ずつが与えられることになっている。2安打3打点の岡本は賞の有力候補の一人になった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月14日(木)19時55分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。