ここから本文です

ルガー二にマノラスにムリージョ…… アーセナルのヴェンゲルが狙うセリエA屈指のCB陣 2週間以内にも交渉は完了?

theWORLD(ザ・ワールド) 7/14(木) 19:10配信

最終ラインの強化は実現する?

来季に向けたチーム作りを進めるアーセン・ヴェンゲル監督の視線はイタリアへ向いているようだ。アーセナルにとって、頼れるCBの獲得は至上命題となっている。

すでに今夏のマーケットでボルシアMGからグラニト・ジャカを、そして日本のサンフレッチェ広島から浅野拓磨を獲得しているアーセナルだが、現在は最終ラインの要となれるレベルのCBを模索しており、ユヴェントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガー二獲得に2500万ポンド(約34億円)ものオファーを提示したと伊『Calciomercato』が伝えている。これはイタリア王者によって拒絶されてしまったものの、ヴェンゲル監督が狙うセリエAのCBはルガー二だけではない。伊『Corriere dello sport』はローマのギリシャ代表コスタス・マノラスが、そして伊『sky』はインテルのコロンビア代表ジェイソン・ムリージョが、それぞれガナーズの関心を惹きつけていると伝え、ムリージョに至っては今後2週間のうちに交渉が纏まる可能性もあるという。

現在はペア・メルテザッカーにローラン・コシエルニー、そしてガブリエウ・パウリスタといった面々がアーセナルの最終ラインを守っているが、彼らの序列を壊すことのできる実力者はやってくるのだろうか。今夏の動向に注目が集まりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/14(木) 19:10

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]