ここから本文です

レアルが新背番号を発表! ジダン&カンナバーロも背負ったあの番号を纏うのは?

theWORLD(ザ・ワールド) 7月14日(木)19時20分配信

久しぶりのリーガタイトルは獲得できるか

来シーズンに向け、レアル・マドリードが新たなユニフォームと背番号を公式サイト上で発表している。

昨季のリーガエスパニョーラでは惜しくも勝ち点差1でライバルのバルセロナに栄冠を譲ったレアルだが、チャンピオンズリーグの舞台においてはローマやヴォルフスブルク、そしてマンチェスター・シティといった難敵を次々と撃破。アトレティコ・マドリードと対戦したファイナルもPK戦の末に勝利し、見事11度目となる欧州制覇を達成していた。そんな同クラブが14日、新シーズンに纏うことになる新たなユニフォームと背番号を発表し、幾つかの変更点が見られた。注目はやはり先日ユヴェントスからの復帰が決まったレアル下部組織出身のスペイン代表ストライカー、アルバロ・モラタだろう。同サイトによればこの23歳のCFは21番を与えられており、これはモラタがマドリードで過ごしたラストシーズンでもある2013-14シーズンに背負っていた番号だ。他にもスペイン代表DFダニ・カルバハルが昨季の15番から2番へ、そして昨季その2番を付けていたフランス代表DFラファエル・ヴァランは、5番へ変更となった。5番はかつてジネディーヌ・ジダンやファビオ・カンナバーロが纏っていた神聖な数字である。

復帰した新戦力、そして新たなシャツと共に白い巨人はどんなファンタジーを見せてくれるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月14日(木)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。