ここから本文です

新加入バネガの活躍を確信しているインテル指揮官「高いクオリティとカリスマ性を備えている」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月14日(木)21時10分配信

アルゼンチン人への期待度が常に高いインテル

新シーズンに入って初めて記者会見に臨んだインテルの指揮官ロベルト・マンチーニが、セビージャから移籍してきたエベル・バネガについて語った。

インテルの公式サイトによると、新加入のバネガについてたずねられたマンチーニは「彼はいろんなポジションで、いろんな動きを好む選手だ。シャドープレイヤーとしても動けるし、低い位置でボールを奪ったり、そのボールを前線へ配給したりもできる。アルゼンチン代表の一員として活躍する彼は、高いクオリティとカリスマ性を備えているからね。我々にとっても大きな助けになると、私は確信しているよ」と述べ、彼の活躍を期待した。

インテル加入1年目から大きな期待が寄せられているバネガ。アルゼンチンの大先輩でもあり、クラブの副会長でもあるハビエル・サネッティも見守る中、彼はインテルを2010年以来のリーグ制覇へと導けるのだろうか。最低でも、チャンピオンズリーグの出場権は獲得したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月14日(木)21時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。