ここから本文です

ドイツ代表OBが悩めるシュバイニーにアドバイス「無理に代表キャリアを続ける必要はない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月14日(木)22時0分配信

今去れば英雄として記憶される?

元ドイツ代表MFで現在は解説者を務めるギュンター・ネッツァー氏がバスティアン・シュバインシュタイガーにアドバイスしている。

シュバインシュタイガーは現在岐路に立たされている。代表キャリアを続けるかどうかだ。2年前のワールドカップではチームの中心選手として優勝に大きく貢献した一方で、先日閉幕したEUROでは“戦犯”として非難を受けた。そのため、31歳の同選手がどのような選択をすることになるのか注目が集まっている。

独『Sport Bild』のインタビューに応えたネッツァー氏は「無理に代表キャリアを続ける必要はない。そうすればほとんどの人が彼を英雄として記憶するだろう。彼が引退するときにも、人々は英雄として彼を思い出すことになるはずだ」とアドバイスを送った。

その一方で「しかし決めるのは彼だし、彼がどう感じているかだ。正しいタイミングはいつなのか慎重に検討する必要があるね。ただ、健康ならば彼は代表に絶対必要な存在だと思うよ」と個人の意見を述べている。難しい選択を強いられるシュバインシュタイガーだが、どのような決断を下すことになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月14日(木)22時0分

theWORLD(ザ・ワールド)