ここから本文です

吉本芸人の美術展、5億円の作品も!?

Lmaga.jp 7月14日(木)21時40分配信

吉本興業所属の芸人・タレント約40名によるアート展『どやさ! よしもと美術館』が「美術館『えき』KYOTO」(京都市下京区)で7月15日から開催。14日にはプレス発表会が行われ、お笑い芸人の今くるよ、おかけんた、COWCOWが登場した。

5億円というらしい、キシモトマイの作品

会場には絵がうますぎる芸人としても有名なHG(レイザーラモン)、個展を開いたこともある村上ショージ、美術の教員免許を持っているリリー(見取り図)ら、実力者たちによる作品約130点を展示。

「もしも自分の家に飾るなら?」という記者からの問いに、東京でギャラリーを運営するほどアート好きの善し(COWCOW)は、「僕は女芸人のキシモトマイちゃん。絵の具でウワーーって色んな人の、著名人の顔を描いて、それがインパクトあっていいんですよ。でも、気軽に『買おうかな』といったらエライ目に合います。全部、5億円とか6億円って値段を言われて。あいつ、全部、億なんですよ、絵画の値段が!」と驚愕の価格を暴露した。

そして、多田健二(COWCOW)は「僕は村上ショージさん、筆ペンで描かれていて。ショージさんの芸風から想像がつかない絵で、1回さんまさんに見ていただいたらしくて『お前、なんやねん。すごい真面目やな』って怒られたらしいです。それぐらいすばらしい絵なんで、和室にちょっと飾りたいな、と」。

今くるよは「すばらしい人ばかりやねんけどね、たいぞうくんっているでしょう? 本当に神経が細やかで色鮮やかでしょ。あれ、見てたらホッとしいへん? ようあんなけ細かい色を…たいぞうくんって『ペペロペペロー!』みたいなことを言っているばっかりやと思っててん。あれはもし買うとしたら350万円ぐらい?」と言ったところ、善しが「あれもねぇ、下手したら億とかいっちゃいますよ」と答えた。

初日の7月15日には10時から、シャンプーハットこいでとレイザーラモンが会場の壁面にライブペインティングを敢行。7月23日は「ガチへた芸人」として、レギュラー松本康太とロザン宇治原史規が、「ガチうま芸人」のシャンプーハットこいで、見取り図リリーと、京都駅ビル内の「室町小路広場」にて公開対決を行う予定。

最終更新:7月14日(木)21時40分

Lmaga.jp