ここから本文です

バンドーン、マクラーレンとの契約は「近いうちに決まるはず」。来季に不安なし

オートスポーツweb 7月14日(木)17時12分配信

 マクラーレン・ホンダのリザーブドライバー、ストフェル・バンドーンが、2017年には必ずF1レギュラードライバーとしてフル参戦を果たすと述べた。マクラーレンで走れると考えているが、それ以外の選択肢もあるという。

2016年シルバーストンF1テスト2日目 ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)

 フェルナンド・アロンソは2017年末までの契約を有しているものの、ジェンソン・バトンの契約期間は今季末までとなっている。
 バンドーンは2015年にGP2タイトルを獲得、今年はスーパーフォーミュラに参戦している。また、アロンソがけがのために欠場したバーレーンで代役としてF1デビューを果たし、チームに今季初ポイントをもたらした。

 マクラーレンはバトンとバンドーンのどちらかをアロンソのチームメイトとして選ぼうとしているが、先月末、グループCEO、ロン・デニスは、2017年のドライバーラインアップについて話し合いを始めるのは早くても9月以降になると発言した。

 今週シルバーストンで行われたF1合同テストに参加したバンドーンは、来季の見通しについて聞かれ、来年はなんとしてもF1レギュラードライバーになりたいと語った。

「僕はすべての準備を済ませた。GP2、ワールドシリーズを経て、今はスーパーフォーミュラに参戦している。すでにF1デビューすら終えている」とバンドーンが語ったとSky Sportsが報じた。

「だからもちろん2017年にはグリッドについていなければならない」

「彼ら(CEOデニスやレーシングディレクターのエリック・ブーリエ)とはよく話をするよ。それは極めて普通のことだ。来年F1で走りたい。それが僕の目指す場所なんだ。それを目指して長年努力してきた」

「来年走れるという自信はある。比較的早い段階で決断が下されるんじゃないかな」

 Sky Sportsは、マクラーレンは、バトンとの契約を延長する場合、バンドーンを他のチームに貸し出しつつ、傘下にとどめる可能性があり、候補のひとつはルノーであると伝えている。

 今年24歳のバンドーンは、もしマクラーレンに選ばれなくても、他のチームでレースシートを獲得することができると述べたとロイターが伝えた。

「このチーム(マクラーレン)でレースしたいと強く願っている」とバンドーン。
「でも……もし何らかの理由でそれが不可能なのだとしても、他にもいくつか選択肢がある。そう前向きに考えているよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月16日(土)8時14分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。