ここから本文です

Do As Infinity 藍井エイルのカバーも話題沸騰中「深い森」など熱唱! 夏空の下でリリイベ敢行

Billboard Japan 7月14日(木)18時10分配信

 歴代シングルナンバーを伴 都美子のボーカルと大渡 亮のアコースティックギターのみで生まれ変わらせてきた、Do As Infinityの[2 of Us]プロジェクト。その完結編として2人だけで創り上げた新シングル『ハレルヤ / エレジー』が七夕に発売され、そのリリース記念イベントが開催された。

Do As Infinity 快晴のリリイベ写真一覧

 同イベントは、7月10日 ららぽーと横浜の野外イベント会場(セントラルガーデン)にて開催。昨日の雨からは打って変わり青空が広がったこの日は、気温30度を超えているにも関わらず、開演前から多くの人たちが会場に集まった。1曲目に披露したのは、Do As Infinityの代表曲のひとつ「深い森」(アニメ『犬夜叉』エンディングテーマ)。イントロのギターフレーズが聴こえた瞬間、その場の空気が一瞬にして変わる。

 その後も新シングル『ハレルヤ / エレジー』や、同作に収録されている「翼の計画 [2 of Us]」、Do Asのライブでは欠かせない「本日ハ晴天ナリ」をギターとボーカルだけで演奏するアコースティック[2 of Us]スタイルで披露。デビュー時に渋谷の路上でライブを重ねていた彼らにとっては原点とも言えるスタイルで、どこまでも伸びるボーカルと、アコギの優しい音色は、この日の暑さを忘れさせるぐらい心地良く響いていた。

 なお、7月20日に発売される藍井エイルのニューシングルには、Do As Infinityの「深い森」のカバーが収録。同日にリリース記念イベントを開催した藍井エイルがその「深い森」を歌ったということで、両アーティストのファンの間やSNSでは盛り上がりを見せている。

 この夏は、7月16日 北海道【今日ドキッ!SUMMER LIVE】、7月30日【MOMOCHIHAMA BEAT JACK in Fukuoka】、8月2日【“FEVER a-nation by SANKYO”】とイベント出演が続くので、バンドでもアコースティックでも楽しむことができるDo As Infinityのライブ、ぜひ足を運んでみてほしい。

最終更新:7月14日(木)18時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。