ここから本文です

広瀬アリス、インド訪問「いろいろを学べました」印象的な体験も

クランクイン! 7月14日(木)7時0分配信

 ロックバンドAcid Black Cherryのコンセプトアルバムを原作とした映画『L-エル-』にて、主演を務める女優の広瀬アリスが、11日に自身の公式ブログにて、6月に訪問したインド旅行を振り返り、その時に感じた思いを綴っている。

【関連】「広瀬アリス」フォトギャラリー


 広瀬はインドにて、自身がファッションブランドのチチカカとのコラボレーションにてデザインしたTシャツの工場を見学。「一言で言うと 感動。一枚一枚のTシャツが丁寧に作られていく過程を中々見ることは出来ないし、こういう体験は貴重だなと」とその製造工程に感激した様子を語る。

 また、「このお仕事が出来るようになってから収入が増えて子供が学校に通えるようになった、とか、だからもっともっとお仕事が欲しいなと言っていたのが印象的でした」と、工場の工員の言葉が心に残ったと明かす。また「国は違うけれど、日本にいる私たちが協力することによって幸せになる方がいる、というのはとてもいいですよね。是非みなさんにも協力していただきたいです」と自身の思いを綴っている。

 これらのコメントには「良いプロジェクトですよね。関わってるの偉いなぁー。みんな素敵な笑顔だね」「わたしもできることがあれば協力させてもらいます」「アリスちゃん、ありがとう。自分も出来る事があれば協力するね」と、広瀬の言葉に共感したという声が多く寄せられている。

最終更新:7月14日(木)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。