ここから本文です

『暗殺教室』山田涼介、「アクションシーン増やして」発言を後悔? 撮影秘話を告白

クランクイン! 7月14日(木)12時0分配信

 Hey!Say!JUMPの山田涼介が、2015年上半期日本映画実写No.1観客動員数を記録した主演映画『暗殺教室』の続編、『暗殺教室~卒業編~』の撮影秘話を告白。続編では「アクションシーンを増やして」と山田から羽住英一郎監督へ直談判し、スタントなしのガチアクションで撮影に挑んだことを明かした。

【関連】映画『暗殺教室~卒業編~』イベントフォトギャラリー


 今回初めて明かされる撮影秘話は、10月12日に発売される『暗殺教室~卒業編~』ブルーレイ&DVDスペシャル ・エディションの特典映像としてビジュアルコメンタリーに収録されており、山田の本作への熱い思いが語られている。

 コメンタリー収録で山田は、菅田将暉演じるカルマとの1対1のアクションシーンでは、スタントを使わず本人がガチンコで演じていることを告白。そのシーンの撮影はハードだったようで「翌日には、二人とも体が動かなかった」と振り返った。さらに、クライマックスに登場する崖を登るシーンも山田自身が演じており、山田は「もう最悪だった。高いところって苦手なんです」とまさかの高所恐怖症であることを明かし、本音も吐露している。

 また、山田は本作について「ただ生徒たちが、“黄色い生物が出てきた”、“さあ、みんなで暗殺しましょう”というだけではない。知れば知るほど殺せんせーが好きになるし、殺せんせーの過去を知ったことで、人としての感情がワンランク上がると言うか、深い部分をもっともっと知って欲しい」と話すと、羽住監督も「(様々な状況に対して)さあ、君ならどうする?ということを描きたかった」と語った。

 本作は、累計発行部数2400万部を突破した大人気コミックを羽住監督が実写映画化。地球を破壊すると宣言しながらも椚ヶ丘中学校3年の落ちこぼれE組の担任となった殺せんせーと、地球を救うために殺せんせー暗殺ミッションが課せられた生徒達の成長を描く。

 映画『暗殺教室~卒業編~』ブルーレイ スペシャル・エディション(価格7800円・税抜)、DVD スペシャル・エディション(価格6900円・税抜)は10月12日発売。コメンタリーでは、他にも殺せんせーとの撮影の裏側や共演者とのエピソードなど、貴重な裏話が収録されている。

最終更新:7月14日(木)12時3分

クランクイン!