ここから本文です

人気爆発『ポケモンGO』の思わぬ余波 歩きスマホ事故やアダルト店でポケモン探し

クランクイン! 7/14(木) 12:14配信

 アメリカで先行リリースされた、スマートフォン向けゲーム『ポケモンGO(Pokemon GO)』が爆発的なヒットを飛ばしている。しかし、このアプリに熱狂する人々の影では、様々なトラブルや意外な場所で珍事件が発生している。海外メディアPeople.comなどが報じた。

【関連】大人気の『ポケモンGO』フォトギャラリー


 『ポケモンGO』では、現実の街中を移動することによって、ポケモンや他のユーザー(トレーナー)と出会うことができる。ところが、ユーザーたちは“歩きスマホ”でプレイすることに気を取られるあまり、様々な事故を誘発しているのだとか。あるユーザーは、スケートボードで走行中にプレイした結果、落下してしまい、手を切るけがを負ったと話している。

 Mashableによれば、未だ正式にはリリースされていない英国でもトラブルが起きている模様。なんと、南西部の港湾都市プリマスにひっそりと佇むアダルトショップに、ポケモンを探し求める複数のユーザーがやってきたのだ。あるツイッターユーザーは、「プリマスのアダルトショップが、『ポケモンGO』のジムになってるよ(笑)」と投稿している。

 一方、セキュリティ面にも問題があったようだ。『ポケモンGO』はスマートフォンのユーザーデータにアクセスすることで機能するのだが、あるライターの指摘によれば、iOS(アップル社のプラットフォーム)を通じてサインインしたユーザーは、あらゆるグーグル・プロフィールにアクセスすることをアプリに許可してしまっているという。この問題を受けて、iOS向けのアップデートで不具合を修正したと報道されている。

 予想を超える人気で海外では社会現象になりつつある『ポケモンGO』だが、日本では2016年にサービス開始予定。

最終更新:7/14(木) 12:14

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]