ここから本文です

『トレインスポッティング』続編、撮影順調! ユアン・マクレガーら冒頭シーン再現

クランクイン! 7/14(木) 13:00配信

 ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガー主演で大ヒットした1996年の話題作『トレインスポッティング』。5月からボイル監督とオリジナルキャストが集結し、続編の撮影が始まっていたが、1作目の冒頭シーンを彷彿させるシーンがあることが判明した。

【関連】『トレインスポッティング』フォトギャラリー


 『トレインスポッティング』はドラッグや酒、暴力、セックスなどに溺れ混迷しながら、自分らしい人生を模索するスコットランドの若者達を粋なサウンドトラックに乗せて描いたスタイリッシュ青春映画。冒頭ではイギー・ポップの歌に乗せて、ユアン演じる主人公のレントンが友人のスパッド(ユエン・ブレムナー)と共に、ポケットから色々な物を落としながら街中を走るシーンが鮮烈な印象を与える。

 Mail Onlineによると、そのシーンを彷彿させるシーンの撮影が現地時間13日、1995年の撮影と同じ場所スコットランド・エディンバラのプリンスズ・ストリートで行われたという。掲載されている写真を見ると、必死の形相で通りを疾走しているユアンとユエンが写っている。近くのショップから飛び出し、通りに出てきた2人(レントン&スバッド)は、全力疾走だったとのことだ。髪形もファッションも当時とあまり変わっていない。

 2人がいたショップはアップルストア。店を飛び出た時、スパッドの手にはiPadがあったというが、一体どんな経緯でiPadを盗むことになったのか。現場にいなかったシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)とベグビー(ロバート・カーライル)のその後も気になるところだ。『T2:Train Spotting 2(原題)』は2017年1月27日より全英公開予定。

最終更新:7/14(木) 13:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]