ここから本文です

お祭りは遊びじゃねえ!メッツのコリンズ監督が球宴で見せた勝利への執念

ベースボールキング 7/14(木) 12:00配信

ア・リーグの4連勝で幕を下ろした今年の球宴

 
 メジャーのシーズンを彩る真夏の祭典「第87回オールスターゲーム」が現地時間13日に行われ、アメリカン・リーグが4-2で勝利した。

 通算成績は43勝42敗1分で依然としてナ・リーグがリードも、今年で4連敗。さらに1988年以降ではア・リーグの22勝6敗1分と、一気にそのリードを詰められている。

 特にメジャーのオールスターゲームでは、その勝敗に「ワールドシリーズの本拠地優先権」がかかっていることもあり、お祭りムードに包まれていながらも決して“お遊び”ではない。

 今年のオールスターでも、それを象徴するようなシーンが見られた。

オールスターでチャレンジ!?

 
 そのシーンというのが、5回表のマーフィー(ナショナルズ)の打席。セカンドへのゴロに打ち取られるも、この打球をア・リーグの二塁手・アルテューベがファンブル。拾い直して一塁送球は微妙な判定も、アウトのジャッジが下った。

 すると、三塁側ベンチからメッツのコリンズ監督が登場。ヘッドホンをつけるジェスチャーを見せ、なんと審判に“チャレンジ”を要求したのだ。

 オールスターゲームでまさかのリプレイ検証。その結果、判定は覆りセーフ。アルテューベの失策が記録された。

 ナショナル・リーグを背負ってきている以上、見過ごすわけにはいかない……。コリンズ監督の勝利への執念を感じた瞬間であった。

 この裏には、昨年の経験もあるのだろう。ロイヤルズとのワールドシリーズに挑んだメッツは、初戦で延長14回の末にサヨナラ負けという苦しいスタート。カンザスシティで2連勝を許した結果、勢いに乗った相手に押し切られて1勝4敗で敗退している。

 加えて、2000年以降のワールドシリーズを振り返ってみると、16回中12回はホームフィールド・アドバンテージを持っていたリーグの王者が勝利している。4試合をホームで戦うことができるというのは、全7戦のシリーズを戦う上でそれだけ有利に働くのだ。

 残念ながらそんな執念も実らず、その権利を掴むことはできなかったナ・リーグ。これが秋のワールドシリーズにどこまで影響を及ぼすのか、最後まで目が離せない。

BASEBALL KING

最終更新:7/14(木) 12:18

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。