ここから本文です

メジャー「前半戦のベストプレー」野手部門にイチローの“4257安打”がノミネート

ベースボールキング 7月14日(木)20時0分配信

イチローのプレーが“前半戦の象徴”のひとつに

 「オールスターゲーム」も終わり、いよいよ後半戦の戦いへと移っていくアメリカ・メジャーリーグ。

 そんな中、MLB公式サイト『MLB.com』では、今季の前半戦を振り返って印象に残ったプレーを『投手』、野手の『打撃』・『守備』と『奇妙なプレー』部門でそれぞれノミネート。「前半戦のベストプレーはどれ?」と題してファンからの投票を募っている。

 その中の『打撃』部門にて、イチローの日米通算4257安打目のシーンがノミネートされた。

 現地時間6月15日、敵地でのパドレス戦で2安打を放ち、日米通算安打を4257本としたイチロー。ピート・ローズが持つメジャー記録4256本を超えた。

 しかし、“日米通算”での記録であることが議論を呼び、最終的にはイチローの記録がギネスに認定され、「世界記録」とすることで決着がついている。

 様々な意見はあったものの、キャリアでこれだけの数字を残したその功績は誰もが認めている。そんなこともあって、イチローの“4257本目”は前半戦を象徴するプレーのひとつとしてノミネートを受けたのだった。

後半戦は「3000安打」に期待!

 
 ちなみに、イチローの「4257安打」は32%の得票を集めて全体の2位。1位にはメッツのベテラン選手バートロ・コローンの「キャリア初本塁打」が58%の得票を集めて強さを発揮している。

 その他の選択肢は、ブライス・ハーパー(ナショナルズ)の「通算100本塁打」が7%で3番目、新人トレバー・ストーリーの「プロ初本塁打」は3%で人気薄となっている。

 これを押さえれば、メジャーの2016年が分かる……? 前半戦の振り返りを楽しむとともに、イチローの勇姿をもう一度見てから投票する、というのはいかがだろうか。

BASEBALL KING

最終更新:7月14日(木)20時8分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]